心身のストレスが原因となる緊張型頭痛|専門機関での効果的な治療

男の人

頭痛が引き起こされる原因

カウンセリング

緊張型頭痛が引き起こされる原因といえば、筋肉の緊張による頭痛が挙げられます。デスクワークなどの椅子に座っての長時間労働を行なっている人や、歩行時などに姿勢が悪い人、さらには使用している枕が首に合っていない人など、無理な体勢を長時間行なっているとこの緊張型頭痛が発生するリスクが高まります。頭痛といえば、多くの人が頭部に何らかの病変があるのが原因だと考えるものです。しかし実際には、首や肩、背中や顎の筋肉の炎症が原因である可能性もあるのです。緊張型頭痛は体を動かすと痛みが解消される場合があります。体を動かせば同時に全身の筋肉が動き、筋肉に流れる血流量が増えることで筋肉の炎症が治まるため、緊張型頭痛の症状が改善されるのです。筋肉の凝りが原因であるならば、こまめな運動やストレッチによって、症状を改善させることができます。頭痛に詳しい神経内科の医師に相談することで、日常生活で行なえる運動やストレッチの方法を教えてくれます。緊張型頭痛を引き起こす筋肉へ直接効果を与えられるので、高い改善効果がえられるでしょう。

筋肉の凝りが原因であれば、業務中のストレッチや定期的なマッサージによって改善させられますが、精神的な問題が原因となれば簡単に改善させることはできないでしょう。緊張型頭痛は、うつ病によっても引き起こされるようになる病です。筋肉の炎症が原因の場合と違い、放置することでうつ病の症状を重症化させる可能性があるため、注意が必要となります。毎日の仕事や学業で精神的な負担がかかる場合、体のあらゆる箇所の何らかの異変が生じることがあります。強いストレス下にある状態は、体を緊張させる交感神経が常に優位となっている状態です。交感神経は筋肉を収縮させて血流量を増やす作用があります。常に筋肉が収縮された状態となれば、筋肉への負担も大きくなるので、特に無理な姿勢を行なっていない状態でも緊張型頭痛が引き起こされるのです。どれだけマッサージによって筋肉の凝りをほぐしても、原因となる精神の負担を取り除けなければ、緊張型頭痛の症状は緩和されることはありません。そのため、予防と再発を行なうためには、筋肉と精神へのアプローチを行なう必要があるでしょう。趣味として体を動かす習慣を身につければ、筋肉がほぐれることはもちろん、ストレスの解消にも役立てることができます。緊張型頭痛を治療する神経内科では、正しい運動の方法を指導しているので、治療後も再発予防に役立てられるのです。