心身のストレスが原因となる緊張型頭痛|専門機関での効果的な治療

緊張型頭痛から開放治療の鍵は心身のストレス

原因のわからない頭痛

看護師

昔から頻繁に頭痛が起こるという人はよく見られます。特に風邪や身体的な傷病が見られないにも関わらず、よく頭痛にさいなまれるようであれば、緊張型頭痛である可能性があります。通常引き起こされる頭痛は、血管からの異常やウィルスによる炎症、さらには二日酔いや妊娠におけるホルモンバランスの崩れによるものが原因となります。緊張型頭痛は、筋肉の負担と精神的なストレスが原因となって引き起こされるとされています。特に精神的なストレスが原因であれば、放置することでうつ病へのリスクを高めることにもつながるため、問題となるでしょう。緊張型頭痛は短いものですと30分程度で痛みが和らぐため、単なる体調不良や気圧の変化による痛みだと考える人も多くいます。しかし、放置することで慢性化した場合、日常生活や業務上にも大きな負担が掛けられるようになるため、緊張型頭痛だと気づいた場合は早めの対処が必要となるでしょう。

緊張型頭痛の特長といえば、頭を強く締め付けられるような痛みが発生することが挙げられます。頭を鉢巻で締め付けたような痛み、ヘルメットを被ったような痛みなどと表現されることから、頭の広範囲に締め付けられる痛みが現れると推測されます。頭全体が痛むことがあれば、後頭部や首筋が限定的に痛むこともあるので、心身の状態によって痛み方も変わることもあります。痛みが始まる瞬間や終わる時なども把握することはできないので、何らかの作業中や移動中などにこの頭痛が発生することがあります。激しい頭痛に見舞われる群発頭痛と比べ、痛みの現れ方はそれほど激しいものとはならないので、ときどき頭痛に見舞われる反復性緊張型頭痛ならば、日常生活も負担なく送ることができるでしょう。しかし、慢性緊張型頭痛となれば頭痛が起こる期間も長いので、精神的な負担が与えられる人も多いでしょう。この慢性型頭痛は、専門の神経内科などへ受診することで治療を受けることができます。投薬での治療を行なうほか、病院によっては体のストレッチやカウンセリングによって、治療を行なう場合があります。痛みなどの症状が緊張型頭痛の症状と似ているといっても、素人の判断では実際に抱えている病状とは異なる可能性もあります。頭痛の中には、くも膜下出血などの命に関わる病の初期症状の場合もあるため、自己判断で放置をすると大きな問題となります。頻繁に起こる頭痛に悩まされているのなら、専門の神経内科へと相談しましょう。最近では頭痛外来を設置している病院も多くあるので、気になる頭痛があれば気軽に診察を受けてみるとよいでしょう。

頭痛が引き起こされる原因

カウンセリング

緊張型頭痛は、筋肉による負担と精神的な負担によって現れる病です。長年に渡る姿勢の悪さなどが、筋肉に負担を掛かるため、頭痛が引き起こされます。また、ストレスによって交感神経が活性化し、頭痛が引き起こされることもあります。医師の診察を受け、正しい治療を受けることで改善できます。

詳しくはコチラ

薬を使用しての治療

頭を押さえる男性

緊張型頭痛は、鎮痛薬や抗精神薬を使用することで治療を行なうことができます。痛みを取り除く鎮痛薬や、交感神経の働きを抑える抗精神薬はうつ病などを抑止する効果があります。しかしこれらの薬に頼りすぎると、薬物乱用頭痛を引き起こす恐れがあるため、あくまで一時しのぎとして使用しましょう。

詳しくはコチラ

認知行動療法と理学療法

看護師

緊張型頭痛への治療方法として、認知行動療法や理学療法での治療法が挙げられます。認知行動療法により、ポジティブな意識を身につけさせられるため、頭痛を引き起こすストレスを解消させられます。理学療法では、牽引や温熱治療器などで筋肉の緊張をほぐし、肉体へのストレスを取り除きます。

詳しくはコチラ